フコイダンとは

フコイダンはコンブ、ワカメ、モズクなどの褐藻類にのみ含まれる水溶性食物繊維の一種であり、近年、サプリメントに多く活用されています。現在、フコダインに関する研究が盛んに行われており、コレステロールや血圧の低下作用、抗がん作用、抗ウイルス作用、抗菌作用などの様々な効果が確認されています。ここでは、フコイダンについてご説明します。

フコイダンは、デオキシ糖の一種であるフコースに硫酸基が結合したものであり、多数連結した総称の事を言います。1913年にスウェーデン人の科学者であるH・Z・キリンによって発見されました。その後1970年代以降に盛んに研究が行われるようになり、1996年に日本癌学会で制癌作用が報告されてから、健康食品として更に注目を浴びるようになりました。褐藻類に含まれるフコイダンの含有量は、モズクが250g、コンブが40g、ワカメが80gとなっており、褐藻類の中でもフコイダンの含有量が最も多いのがもずくであり、フコイダンの質も良いと言われています。しかし、人の身体には海藻を分解する消化酵素が備わっていない為、もずくなどの褐藻類を多く食べてもフコイダンを摂取する事は非常に大変であり、必要量を摂取しようとするとバケツ何倍分も食べなくてはなりません。フコイダンを効率良く摂取するには、人の身体に吸収されやすいサプリメントを服用する事をお勧めします。

フコイダンは、このように様々な効能があると報告されています。今後、更に健康効果がある食品として、注目をされる食品であると言えます。

Pocket